或る日、僕は

「ほぅ…お客さんか、珍しいな。ここはダンジョンだ。わたしはここでコーヒー飲んでるから、ゆっくり見て行ってくれ。幸運を祈る。」Since 2014.

音量バランスどり・・・ム、ムズイ(汗)

 ちは!淡です。今日も元気にMusingやってまーす。
 しかし!難題に直面!!それは!

 音量バランスどりです。



途方に暮れてますorz

 そろそろベタ打ちを卒業したいとは思ってるんです。ですけど、音量バランスどりを始めてみたところ、
 きりがない!(汗)ことに気が付きました。

 いやぁ、途方に暮れてます。

 とほーにくれーわたし音量ワカリマセーン 淡

なんか指針みたいなのは・・・

 うーん。作りこみが甘いと言われればそれまでなんですけれども・・・。
 音量指定を全くしなかった場合には、全メンバがソリストのぶつかり合い!になってしまうので、音量バランスどりをある程度は考えてるんです(一応)。考えてはいるんですけどうまくいかない・・・。いや、うまくいってるのかもしれないけど、作りこむうちに、わけわからなくなってくるというか・・・。
 耳が疲れてくるのかな(^^?)

 まー、疲れてきたら適度に休養を取ったほうがいいのかもしれないですね。



最近の気づき

 自分の作品を友達に聞いてもらうことがあります。
 そのとき、どのように紹介するか、いっつも文言に困っていたんです。
「わたしが作りました」では、なんかオリジナル作曲家みたいな感じで、気が引けます。
「打ち込みで作りました」と付け足しても、より誤解が増えるだけで・・・。




 なので。
「わたしの演奏です」ドヤァ(笑)

▲このページの先頭へ戻る