或る日、僕は

「ほぅ…お客さんか、珍しいな。ここはダンジョンだ。わたしはここでコーヒー飲んでるから、ゆっくり見て行ってくれ。幸運を祈る。」Since 2014.

昔遊んでいた戦略・戦術ゲームについて(5本)

 こんばんは、てるです。今回はゲーム雑談と題しまして、昔遊んでいた戦略・戦術ゲームについて書いてみます。

 最近の僕しか知らない方には初めましてのご挨拶も兼ねた記事になる予定です。

シークェンス パラディウム

 このゲームはシステムも熱いんですが、BGMが良いんです。ちょっと最近こちらの工画堂スタジオ様のゲームから遠ざかっているんですけど、かつてハマりました。

マスターオブモンスターズ

 本ブログのどこかで書いていた黄昏の指輪というのは、こちらのマスモンで出てくるんですけど、とにかく難しすぎる鬼仕様のゲームソフトとなっています。トロールの攻撃が当たらない当たらない。ロングボウ最強。姫に鞭を装備させるとなんだか(略)

銀河英雄伝説

 ベタではありますがこちらも避けて通れないかも。トゥールハンマー反則。地道にハイネセンに高速戦艦の工場を作っていかないと同盟軍で勝ち抜くのはなかなか難しい。ミューゼル大将のほうがローエングラム元帥よりもカッコいい。

ファイアーエムブレム紋章の謎

 SFC版のほうです。2章構成になっており、どちらも非常にシビアなゲームバランスになっています。当時のTVCMでは『手ごわいシミュレーション』ということです。このゲームの戦略要素しては、キャラクターが死亡すると本当にシナリオから消えてしまうというところで、1章で全員生き延びないと2章のお話に突入できないところとかかな。とにかくキャラクターを大事にすることを覚えるのにはもってこいのソフト。

ロードオブモンスターズ

 PS版です。これは好き嫌いあると思いますけど、とにかく難しい。僕はコインでしかクリアしていません。フェニックスをスレショッルドするの難しいけど、手に入れたら勝手に復活して何度も敵陣を焼き尽くしてくれるので、すごく頼りになります。デッキ構成を考えるのが楽しい。

僕の技量について

 お恥ずかしながら対戦はあまり強くないんです。対CPUならそれなりにそれなりなんですけど。作戦を練るときに『どのゲームソフトを買うか?』をかなり悩みます。

▲このページの先頭へ戻る