或る日、僕は

「ほぅ…お客さんか、珍しいな。ここはダンジョンだ。わたしはここでコーヒー飲んでるから、ゆっくり見て行ってくれ。幸運を祈る。」Since 2014.

無理強いなくのんびりと書かれたブログ

 こんにちは、てるです。ここ数日、ご新規読者さんが2名ほどあり、素直にうれしく思っています。ようこそ。

 このブログについて - 或る日、僕はページのプライバシーポリシーの項に載せてあります通り、このブログでは読者さんを表示しないように設定いたしておりまして、読者さん同士の交流を図るのが難しいと思われるようなブログ運営をしています。一応考えあって読者さんを非表示にさせてもらっています。まあその、安心して読者登録し易いように、という考えです。

 ブログって特に書くことや読むことを強いるものではないですし、このあたりは来る者は拒まず去る者は追わずというわけです。

 何度か書いてきたことで、繰り返しになりますが、ブログって飽きっぽいひとのほうが向いていると思っています。

 まあその、なんでこんなに書けるの?という疑問もあるかもしれないんですけれど、これは僕自身にもよくわからないんです。あえて考えてみると、そうですねえ、僕の場合では、特別奇をてらったような書き方ができるわけでもなく、また、特別な才能を持っているわけでもないため、ごく平凡な話が多いという特徴はあるかもしれないです。僕よりも頭の回転の速い方は居ますし、文章の上手い方もたくさんいらっしゃって、このような方々、つまり先達の知恵を借りますと、僕の書いている文章はごく平凡であるがゆえにかえって安心を感じるのかもしれません。これは狙っているわけではなく、僕の気質として、闘いより昼寝がすきな感じです。

 だから、この事態に憂慮し、重い腰を上げてペンを執った、などといった文章は僕には書けず、また、けっこう適当なことを真剣に書こうとするわけでもなく、じゃあ、いったい何を書いているんだと問い詰めるひとは特にいないため、一応すきに書いているつもりなんですが、このブログを書くことが誰かに強要されたものだとしたら苦痛でしかないと思います。あくまでも、僕の自由意思で書いているっていうのがなんとなく僕自身にとって居心地の良い感覚と申しましょうか。趣味で書いているというスタンスです。ちょっと書いている期間が長くなってきているだけであって、まあその、気が長いというかのんびりしているというか、全然おはなしが進展しないあたりとか、もしかしたらモニターの前でお茶を吹くようなトラップに引っかかる方も居るかもしれないと思いながら、書いています。

▲このページの先頭へ戻る