或る日、僕は

コーヒーを飲んでいるかもしれない。Since 2014.

わたしの感じ方のクセみたいなもの

 取り組んでいることに思い入れがありすぎて重荷になってしまうことがしばしばある。経験上、こういうときは少し距離を置いて一休みすると良い。

▲このページの先頭へ戻る