或る日、僕は

「ほぅ…お客さんか、珍しいな。ここはダンジョンだ。わたしはここでコーヒー飲んでるから、ゆっくり見て行ってくれ。幸運を祈る。」Since 2014.

ブログ運営の中で書きやすくなるカテゴリー付けの工夫をすこし述べる。

 ブログ運営の中でのカテゴリー分けの目的は、あとから記事を探しやすくするためであって、分けることではない。

 このあたり、まだ試行錯誤の途中で、明快な答えが出ていない。

「ジュース。」
「ジュース。」

 枠を作って当てはまるものを書いていく手法は、事務作業には向いていると思うが、あんまりクリエイティブな方向に向いていかないような気がしている。

 僕の場合で恐縮だが、このブログのカテゴリーに『ヌンチャク』というものがかつてあった。ヌンチャクの記事を書きたくて設けたのだったが、どうも1回書いたっきり使い道がなく、カテゴリー『ヌンチャク』は削ってしまった。

 それで、イメージとしては、枠を作ってそこに当てはまるように書いていくのではなく、書いたものに分類(カテゴリー)を付けていくようにすると、僕の場合ではかなり書きやすくなった。

▲このページの先頭へ戻る