或る日、僕は

「ほぅ…お客さんか、珍しいな。ここはダンジョンだ。わたしはここでコーヒー飲んでるから、ゆっくり見て行ってくれ。幸運を祈る。」Since 2014.

わたしにとっても居場所であることをお忘れなく

 くたびれましたー。結果的に、Muse体験は苦しみの連続だった。苦しみ、苦しみ、苦しみ、そして、喜び。喜んだと思ったらまた苦しみ。

 うーん。大学時代から続いてた唯一の活動だったんだけどなー。そろそろ現実を見ろってことかも>わたし

 いろいろあるんよ。多くは語るまい。

▲このページの先頭へ戻る