或る日、僕は

「ほぅ…お客さんか、珍しいな。ここはダンジョンだ。わたしはここでコーヒー飲んでるから、ゆっくり見て行ってくれ。幸運を祈る。」Since 2014.

 僕は19歳の頃からケータイを使っているが、ケータイを持っていて助かったことは一度きり。

 今のところ、ケータイを使わなくても済む方向に通信環境を整えていっているが、どうしても多要素認証のワンタイムパスワード受信端末が必要なため、ケータイをやむなく持っている。できれば解約したいが、どうもまだまだケータイは必要なようである。



 ところで、僕は証券取引口座を持っていない。

 そして、僕は税制上は被扶養者である。

 だから、我が家では世帯主は僕ではない。

 どういうことなのか?

 う~ん、謎ですねえ。

▲このページの先頭へ戻る