或る日、僕は

或る日、僕は君のことを思うかもしれない。Since 2014.

    筆者からのお知らせ
  • 2024/02/28 ブログ名を改号しました。
  • 2024/02/20 サイドバーのタブメニューをメンテしました♪
  • 2024/02/19 今月のPVが 100を突破しました

すごく初歩的だけどつまづくことがある算数の話 第1回 初級 数の概念

 こんにちは、珈琲店或~るです。今回は算数・数学の話と題しまして、僕の理解をもう一度固め直す意味合いも含めて、書いてみたいと思います。

すごく初歩的だけどつまづくことがある算数の話

数の概念

 日常生活で目にする数字はたくさんあります。数字があらわしている数が一体なんなのか、わかっていらっしゃるでしょうか。

 僕の場合を少しだけご紹介してみます。

 僕が小学生だった頃、くりさがりのある引き算を理解するのにものすごく苦労しました。「10借りてくる」というのがどうしてもわからなくって。今思い返すといい思い出にはなっているんですけれど。

 話を進めます。

1の位、10の位

 10進数で、数を1から順に1ずつ増やしていきます。

「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10」

 ですね。

 10の位の数字は、1が10個ある、ということなんです。

 ここまでお分かりいただけると思いますけど、もしわからない方は落ち着いてゆっくり数えてみてください。

10の位、100の位

 10進数で、数を10から順に10ずつ増やしていきます。

「10,20,30,40,50,60,70,80,90,100」

 ですね。

 100の位の数字は、10が10個ある、ということなんです。

10進数では、1つ上の位は、その下位の位の数が10個あるということをあらわします

 もちろん、10進数の世界ですから当然なんですが、初歩的ではありますがけっこう難しい概念なんです。

 この概念を理解すると、指で数えられるよりも大きな数を扱えるようになります。

今回はここまで!

 自然数の世界のお話でした。ゆっくり理解に至ることができたら僕はうれしいです。

「算数・数学は暗記科目ではない」と、少しでも思っていただけのなら、僕はうれしいです。

 一緒に勉強していきましょう。

▲このページの先頭へ戻る