或る日、僕は

「ほぅ…お客さんか、珍しいな。ここはダンジョンだ。わたしはここでコーヒー飲んでるから、ゆっくり見て行ってくれ。幸運を祈る。」Since 2014.

賽は投げられた

 俺の仕事は終わった。とても気分が重い。

 俺もかなり考えるのが好きではあるが、
 ここまで思考を煮詰めて考えたのは、
 人生で初めてだったかもしれない。

 だがしかし、肩の荷が下りた。疲れた。為すべきを為した。

 おつかれ、自分。

▲このページの先頭へ戻る