或る日、僕は

「ほぅ…お客さんか、珍しいな。ここはダンジョンだ。わたしはここでコーヒー飲んでるから、ゆっくり見て行ってくれ。幸運を祈る。」Since 2014.

読者さんの期待を良い意味で裏切る

私の執筆スタイルは、読者さんの期待を良い意味で裏切る、というものです。

書籍から引用してみると、
「失敗したらどうしよう」ではなく、
「失敗したらウケるかも?」です。

ブログを書いていると
伝わるように書く、という技術は、
誰もができる技ではないことを、
案外、忘れがちです。

ところで、なぜか知らないけど、私には書く習慣があります。
ブログとして公開している文章は、その一部です。
あまり評判を気にしていないというか、
最高に下手なことでかえって目立つ、
という地を行く方法をとっています。

もちろん、役に立つか、面白いか、ためになるかしないと、
文章としての価値はありません。ありませんが・・・。
ここでクエスチョンです。

私が、
人生で今までに読んできた文字数と、
人生で今までに書いてきた文字数、
どちらのほうが多いでしょうか?

さあ、みんなで考えよう(^^)/

▲このページの先頭へ戻る